お役立ち情報
  1. Home
  2. お役立ち情報
  3. 乗車前後の点呼
2022.04.01

乗車前後の点呼

これまで安全運転管理者に対しては、ドライバーの乗車前に正常な運転ができるかどうかの確認は義務付けられていたものの、乗車後にアルコールチェックや記録義務は設けられておらず、また確認方法についても具体的には定められていませんでした。この記事では、4月からの一般的な確認方法から非対面での確認方法について簡単にまとめましたので、皆さまの会社での運用に是非お役立てください。

(1)酒気帯びの確認方法

2022年4月からの目視等での酒気帯びの確認は、運転者の顔色、呼気の臭い、応答の声の調子等を確認することをいいます。ドライバーの酒気帯び確認の方法は対面が原則です。例外については(2)(3)をご一読ください。

2022年10月からは今後(※2022年4月法人向けアルコールチェック義務化記事の冒頭の情報参照)、アルコール検知器(以下、アルコールチェッカーという)を用いた酒気帯び確認をしなければなりませんが、アルコールチェッカーについては、国土交通省が推奨する機器はありません。特段の性能上の要件は問わず、酒気帯びの有無を音、色、数値等により確認できるものであれば使用可能です。また、アルコールインターロックでも代用できます。

(2)非対面での確認方法

運転者の酒気帯びの確認の方法は対面が原則ですが、直行直帰の出張や、早朝深夜の出張など対面で点呼が困難な場合にはこれに準ずる適宜の方法での実施が進められます。

  1. カメラ、モニター等で、安全運転管理者が運転者の顔色、応答の声の調子等を確認する方法
  2. 携帯電話、業務無線等、直接対話できる方法によって、安全運転管理者が運転者の応答の声の調子等を確認する方法

(※10月1日以降は今後(※2022年4月法人向けアルコールチェック義務化記事の冒頭の情報参照)アルコール検知器での確認や報告が必要)

但し、酒気帯びの有無の確認は安全運転管理者が不在時、副安全運転管理者または安全運転管理者の業務を補助する人に代理を立てることも可能です。

引用:警視庁 通達

(3)別事業所での確認方法

別事業所の安全運転管理者等が確認(※10月1日以降今後施行はアルコール検知器での確認が必要)

       ↓

確認した安全運転管理者等から本来の所属の安全運転管理者に直接対話できる方法で報告

(※ここでの安全運転管理者等は、B支店に所属する安全運転管理者または副安全運転管理者または安全運転管理者の業務を補助する人を言います。)

安全運転管理者の点呼等確認は確認するだけではなく記録義務があります。また、1年間のデータ保管が義務付けられているため、保管場所確保に時間を費やすことになるかもしれません。そのような悩みを、クラウド管理するツールを活用して解決したらいかがでしょうか。

弊社のクラウドアプリ「Bqey」は、車両の予約、日常点検、運転日報、物理鍵を一元管理できます。今まで紙に記入していた日報や、アルコールチェックも合わせてクラウドで管理することでDX化を実現します。
最先端技術のデジタルキーで、物理鍵の受け渡しが不要になり、車両の予約から施錠・解錠までお手持ちのスマートフォンで完結します。
初期費用不要、工事不要の手軽さで、車両メーカー問わず、リース車両にも簡単に導入できます。

また、「Bqey」とアルコール検知器を連携して、アルコール検査の結果が問題ない場合に限り、車のドアの解錠やエンジン始動が可能になるなど、飲酒運転撲滅に向けた機能を鋭意開発中でございます。まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求はこちらから!

https://www.bqey.com/document/